SEOの基本

Webマーケティングを考えるうえで誰もが意識しているのがSEOではないでしょうか?

Webサイトへの流入は基本的に検索行動からの結果が多いのは事実であり、検索上位を獲得することができればWebサイトの効果が飛躍的に上昇する可能性が高いためです。

 

SEOとは何か?


SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字をとった略称で、ユーザーにとって価値のある優良なコンテンツを提供し、検索エンジン(主にGoogle)に適切にページを理解・評価させるように技術的なページ最適化施策を施したり、ページやサイト自体に関連した他サイトでリンクが貼られたり(被リンク)することで、検索エンジンでキーワードが検索された際に、自サイトが上位に表示されるようにすることを意味します。

オーガニック(自然)検索から流入してくるユーザーは、特定のキーワードから目的の情報や商品を探してWebサイトへ訪れる可能性が高いため、成果につながりやすい傾向があると言われています。

購入意欲が高い、質の良いユーザーの安定したサイト流入が見込めるため、SEOを適切に理解し、対策をしていくことはWebマーケティングを考えるにあたって重要なカギとなりえます。

 

SEOの目的は?


あくまでもWebマーケティングでの目標はCV(コンバージョン/成果)を達成することにあります。そのため、SEOの目的もただ単に検索結果の上位を狙うことではありません。検索エンジンにおける上位表示はWebマーケティングにおける「集客」施策のための一つでしかないということは理解しておきましょう。

重要なのは、検索から流入したユーザーがどのような目的でサイトを見ているのかという意図を読み取り、ユーザーにマッチングするコンテンツを制作しておいたり、読みやすい構造を保っておくことがポイントとなります。

 

SEO対策をするメリット・デメリットは?


Web広告などとは異なり、コストを抑えることができます。構造化の最適化などの内部施策をアウトソーシングしなければ実質無料で施策を行うこともできます。また、検索結果において上位表示をキープできれば安定して集客を行うことも見込め、検索とマッチングしているユーザー行動のためCV向上の効果も得られやすいです。

しかし、よく言われることなのですが、SEOは効果が表れるまで時間がかかるというデメリットも含んでいます。さらにコンテンツが重視されるため、Webサイトの1ページ1ページに対策を講じなければならず、非常に大変です。コンテンツを作るために人的コストがかかることもあります。検索ボリュームが多い、いわゆる「ビックキーワード」は大手やその業界の第一人者のコンテンツが非常に強く、このキーワードを狙うのも難易度が高くなる傾向にあります。

最近も起こったGoogleのアルゴリズム変更で順位が大きく変動することもあり、日ごろから情報収集をしておくことや、日々のWeb解析によるチェック、内部施策をし続けることが重要なポイントになります。

 

検索エンジンについて


上記内容で何かとGoogleのことを記載していますが、それには理由があります。

日本における検索エンジンのシェアは

Google 76.38%

Yahoo! 18.61%

bing 4.52%

そのほか 0.49%

となっています。

引用元:https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan#monthly-201905-202005-bar

Webマーケティングとは?基礎知識から変遷までの記事でも少し触れましたが、Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムを採用しているため、事実上はGoogleの独占に近い状態となっています。そのため、SEOの対策はもはやGoogleへの対策と言っても過言ではありません。

  1. この記事へのコメントはありません。